タグ別アーカイブ: 自律神経失調症

頭痛・めまい・腹痛・失神…迷走神経反射は自律神経を整えて防ごう【自律神経失調症|クリニカルルーム咲】

自律神経

  「突然、ひどい吐き気や腹痛に見舞われる」 「冷や汗が出て来て息が苦しくなる」 「ひどい頭痛・めまいがあり動けなくなる」 「気が遠くなったり、失神したりする」 こんな突発的な症状に悩まされる迷走神経反射。 自律神経の急激な乱れが原因といわれていますが、実は根本原因は普段の生活で自律神経が疲労していること。 どうすれば迷走神経反射に悩まされにくい心身になることができるのでしょうか?   迷走神経反射とは?   迷走神経反射は、突然、急激に起こる自律神経の乱れです。 自律神経は呼吸・心臓を動かす・血液などの循環・血圧・体温調整・体内気圧の調整・吸収・分泌・排泄などの生命活動を行っています。   何らかの影響で心身に急激なストレスがかかると、自律神経の働きが乱れます。 とくに迷走神経反射の場合は、血圧が急激に下がる・脳に行く血液が減る・腹痛からはじまる全身の痛みやしびれなどにより、失神することも少なくありません。   迷走神経反射だけに関わらず、ほとんどの症状は ①これまでの生活の中で蓄積されてきた疲労・緊張などに ②突発的な負荷や身体的・精神的ストレスが引き金になる …という流れで起こります。   自覚症状もさほどなく(当たり前になってしまっているからなのです)、検査にもひっかからないため不安定の体調に、環境の変化・面接や試験などのストレス・身体に合わない食事・天候による気圧や気温の変化などが重なることで迷走神経反射が起こりやすくなるのです。   迷走神経反射をふせぐために自律神経を整える   迷走神経反射のそもそもの原因は、ちょっとした刺激に耐えられないくらい不安定状態になっている自律神経。 なので、自律神経を整えること、自律神経を乱さない生活をすることが迷走神経反射をふせぐための最優先事項です。   また、慢性的な自律神経失調症に悩まれている方と、迷走神経反射を起こしやすい方とでは、心身にかかっているストレスの種類が少し違う傾向があります。   自律神経を乱す生活習慣を減らす   〇自律神経が乱れやすい食事として、 ■甘い物(洋菓子・和菓子・ジュース・スポーツドリンク・飴・ガム・人工甘味料・砂糖など)の食べ過ぎ ■小麦粉もの(パン・パスタ・うどん・ラーメン・ピザなど)の食べ過ぎ ■乳製品(牛乳・ヨーグルト・チーズ・アイスクリームなど)の摂り過ぎ ■食品添加物(買ってきたお惣菜・インスタント食品・レトルト食品・コンビニご飯・袋菓子など)の摂り過ぎ ■薬(痛み止め・風邪薬など)の飲み過ぎ   〇自律神経が乱れやすい生活習慣やストレスとして、 ■睡眠時間が短い、眠りが浅い ■スマホやパソコンを使う時間が長い ■家庭でくつろげない、家族仲が悪い ■休息時間が確保できない ■寝る前やお風呂などのリラックスタイムに、やらないといけないこと・問題・悩み・不安などを考えている ■労働時間が長い、不規則 ■言いたいけど言えないモヤモヤが溜まっている   とくに腹痛が迷走神経反射の引き金になりやすい方は、甘い物・小麦粉・乳製品を減らすだけで、胃腸の調子が整ってグッと楽になります。   平気なフリやポジティブの上塗りをせず、ストレスを自覚する   人はつらいことがあった時、そのつらさを感じ続けることに耐えられず、心にフタをしてしまうことがあります。 そのこと自体は脳や心の防衛本能であり、悪いことではありません。しかし、心の中に向き合わず消化されないままのつらさを抱え続けていると、出口を求めて身体に現れます。   迷走神経反射を起こしやすい方は、責任感・真面目さ・ポジティブ思考などで、心のフタを上塗りしていることが多いようです。 ■本当はしたくなかったことを「私はこれがやりたいのだ」と捻じ曲げている ■本当は傷ついているのに、無理やり笑い話にしようとする ■本当は学校や仕事に行きたくないのに、「行かないのは悪、おかしいこと」と思うあまり、学校や仕事のイヤな部分から目を逸らす・感覚をマヒさせる   もし本当に自分の心や性質に沿っていれば、身体に不調がでることはありません。 しかし、本当はあるのに自覚されず発散されないストレスは、身体に症状として現れるしかなくなってしまいます。   まずは、ご自身が抱えているストレスを自覚すること。 そしてストレスを発散あるいは減らすために対策をとりましょう。   「やるべきこと」だけで一日を埋めず、自分のための時間を作る   迷走神経反射になりやすい方には、 真面目で責任感が強い方 一見ポジティブで貪欲な方が多い傾向があります。   こういった方は仕事・家事・育児など「やるべきこと」で一日が埋まりやすいのですが、「やるべきこと」は良くも悪くもストレスとして心身に処理されます。   本来、自律神経は日中にストレスや活動をつかさどる交感神経がはたらき、夜間に休息や睡眠をつかさどる副交感神経がはたらくようにプログラムされています。   昼型・夜型などの体質はある程度ありますが、一日の中に<活動・ストレスタイム>と<休息・リラックスタイム>がバランスよく入っていることが健康のカギ。   やるべきこと=<活動・ストレスタイム>だけで一日を埋めてしまうのではなく、積極的に自分のための時間=<休息・リラックスタイム>を確保してください。 ※「時間が余ったら」ではなく、スケジュールの中にはじめから組み込んでおくのがコツです。 ■好きな映画を見る ■音楽やラジオを聞きながらのんびりお茶を飲む ■お気に入りのカフェに行く ■手芸・ダンス・演奏・カラオケなどの趣味 ■友達と遊ぶ …などなど、毎日できること・2、3日に1回できること・週一ペースでできることなど、いくつかご自身のための時間を用意してみてください。   安定の自律神経で、迷走神経反射をふせごう   自律神経の急激な乱れによって引き起こされる迷走神経反射。 腹痛・しびれ・呼吸が苦しい・めまい・ふらつき・冷や汗・失神などに悩まされます。 迷走神経反射は、自律神経が低め安定していることにより、ちょっとした不調やストレスが引き金になって起こります。 迷走神経反射をふせぐには、自律神経を高めで安定させること。 ■糖質の摂り過ぎや睡眠不足など、自律神経を乱す食事や生活習慣を減らす ■心にフタをして平気なふり・ポジティブの上塗りをしない ■やるべきことだけで一日を埋めてしまわず、自分の楽しみの時間を死守する こういったことで自律神経が整いやすくなっていきます。   「自力だけじゃ難しい」 「もっと早く改善したい」 と思われた方は、お気軽にクリニカルルーム咲へご相談ください。 一緒にすこやかな心身を取り戻していきましょう!     クリニカルルーム咲-SAKU- ホームページはこちらから ▼▼▼   初めて治療をはご不安かと思います。 どんなことをするのか、痛くないか、本当に治るのか。 そのため当院では成果報酬制を導入しています。   その辛い症状を本気で治したいけど、忙しい! そんなあなたのために LINE@から無料相談 24時間実施中!   島根県松江市の自律神経症状なら お気軽にご相談ください。 ↓↓   ※現在、予約多数で電話に出られません。 誠に恐れ入りますが、留守電に「お名前」「症状」 「ご希望のお日にち」「お電話番号」を残してください。 後ほどかけなおします。 また出来る限りメール、LINEでのお問い合わせをお願いいたします。 ブログを見ていただいたあなたへ 期間限定特別キャンペーンのお知らせ 住所 松江市浜佐田町 受付時間 9時~18時00分 完全予約制です。 定休日 日曜 その他不定休 設備 キッズスペース ご希望で託児スタッフあり(ご相談下さい) 駐車場 3台あり    続きを読む

自律神経失調症の対応・治し方【クリニカルルーム咲|松江市】

自律神経

ストレス社会の近年、体だけでなく心にまで負担がかかりやすくなってきている。 そして、その状態が長く続くことで、体が悲鳴をあげる。でも、その悲鳴にも対処できない、耳を向けない・向けらないのが現代社会の闇だと考える。そうすると自分自身の体がどんどんむしばまれていく。気付いたときには眠れない・無力感・起きることができない・動悸など自律神経系のバランスが乱れてしまうことも少なくない。今回は昨今爆増している【自律神経失調症】について説明する   当院へも「自律神経失調症」の患者さまのご来院が増えてきている。   患者さまが、自律神経失調症を改善するために、「整体」を選択して頂けたことは、「身体が良くなる道」「根本から良くなる道」を選択していただけた事なので、お身体を預けていただく施術者として、心から良かったなと嬉しく思います。   ただ、体調不良が起こり、第一選択として直接整体院にお越しになられる方は少ないです。 来院される方は病院や心療内科を回っても、原因や異常が見つからず、最終的に辿り着く方が多いです。 自律神経が整体で整うのか?と疑問に思う方もおられると思いますが、自律神経のバランス整う事は、特別不思議な事ではありません。   どんな方法であれ、身体を治すという事は、何が自律神経のバランスを崩してしまうかを知ることから始まります。そして、どんな事でバランスを整えられるのかを知って、実践していく事が大切です。   身体にはリズムがあり、身体の内側や外側からの刺激に反応を起こします。 悪い刺激であれば、身体は悪い方向に、 良い刺激であれば、身体は良い方向へ進みます。   では、身体にとって、どんな事で「自律神経」の働きが、乱れていくのでしょうか?   自律神経失調症の原因や要因となるもの   〇自律神経のバランスを崩す要因(生活習慣)をまとめてみました。  仕事のストレス【肉体的・精神的】(座りっぱなし、長時間の運転、高速の運転、夜勤)  人間関係のストレス(両親、夫婦、子供、友達、先生、ご近所)  寝不足  寝る前のスマホ、PCの光  アルコール(特に休刊日なし)  カフェイン  タバコ  口呼吸  浅い呼吸  運動不足or過度な運動、肉体疲労  20時以降のハードな運動(ジム、トレーニング、筋トレ、心拍数が上がる運動)  シャワーのみの入浴  姿勢不良、猫背  身体の歪み  栄養(添加物の多い食事、甘いものを良く食べる、寝る前に食べる) などがあります。     自律神経失調症の症状   自律神経が乱れることによって起こる症状は実に様々ですが、以下のようなものがあります。  動悸  不整脈  頭痛  めまい  耳鳴り  胃腸不良  肩こり  整形疾患(腰痛・肩痛など)  異常発汗(手汗・足汗など)  冷え性  倦怠感  不眠  便秘・下痢  のどの渇き  ドライアイ・ドライマウス  頻尿  息苦しさ  不安感  痒み  イライラ   などがあります。   自律神経のバランスの整え方   自律神経のバランスの整え方は、どんなものでしょうか? 自律神経のバランスが崩れている状態というのは圧倒的に交感神経が優位に働いていることが多いです。   まずは、日常生活の中で、上記に挙げた交感神経を優位に働かせるものをやめる事。 そして、心も体もリラックスできる環境を作ってあげる事です。   具体的には、  睡眠不足であれば、早く横になる(寝る時間・起きる時間を一定にする)  シャワーしか浴びてなければ、お風呂に浸かる  口呼吸であれば、鼻呼吸にする。深い呼吸をする様に意識する  ウォーキングなどの軽めの運動を取り入れる  アルコールやカフェインを避ける  刺激の強い食べ物や飲み物は避ける  不良姿勢を改善する、意識する  筋肉の緊張をほぐす などです。   簡単にできるものが多くないですか?? 自律神経を整えようと思うと、すごいことをしないといけない!特別なことをしないと整わないと思っている方が多いですがそんなことありません。   まず、自分でできることは、是非実践していただければと思います。   最後に 体の中には、自律神経の影響を受けて動く器官が在ります。 それらは「歯車」のように関連しあって動いています。   もし1つでも止まってしまった「歯車」があれば、必ず他の「歯車」にも影響を与え、結果的に全体の機能の低下や、不調を引き起こします。   当院では、止まってしまった「歯車」を見つけて、再び動き出せるようなお手伝いをしています。 自律神経失調症や、不調を抱えていらっしゃいましたら、クリニカルルーム咲-SAKU-へご相談下さい。     クリニカルルーム咲-SAKU- ホームページ https://sakukuri.com続きを読む