タグ別アーカイブ: 改善

アトピー改善のためのセルフケア【クリニカルルーム咲】

アトピー性皮膚炎

アトピー皮膚炎の改善の為に色々なケアや対処方法をされている方は多い。アトピー性皮膚炎は大人から発症される方もおられるが、大多数は幼少期よりお悩み方が多いので、小さい頃から色々と試されています。ただ、合わないと辞めてしまったり、逆に悪化してしまったりする場合もあります。情報過多の社会で正しい知識を身に付けること、実践することは難しいです。今回はアトピー性皮膚炎を改善するためのセルフケアについて記述します。   かゆみ、湿疹などに悩まされるアトピー性皮膚炎。 「かきむしるせいで、気が付くと血が出ている」 「あまりにもひどくて仕事に行けなくなった」 「かゆがる子どもの姿を見ていると胸が痛い」 といった声をよく伺います。   アトピーになったこと、上手く回復・改善していかないことには、必ず原因があります。     その要因をひとつひとつ取り除いていくことが、アトピー改善への近道です。では、どのようなことが原因でアトピー性皮膚炎があらわれるのでしょうか。   西洋医学ではアレルギー反応やステロイド、副作用、などありますが、今回は、東洋医学・ストレス・食事・生活習慣といった角度からみていってみましょう。   アトピーの原因 アトピーには、 ①肌から毒素を排出しようとすること ②肌表面のバリア(免疫)機能の暴走 の2つの側面があります。   東洋医学には、身体の部位・感情・季節・味・方位などを木・火・土・金・水の5つの属性に分けて考える陰陽五行論というものがあります。 身体の排泄機能・免疫機能をつかさどるのは、このうちの<金>です。   ■肺 ■大腸 ■鼻 ■皮膚 ■悲しみ・寂しさ・言いたいことを言えない・人の言いなり・後悔   このうちのどこかに不調や滞りがあると、同じ<金>ライン上に症状が出やすくなります。 多くの場合、アトピーのはじまりは腸内環境の乱れと精神的なストレスです。   ■外食・コンビニご飯など、添加物が多い食事 ■パン・お菓子・パスタ・うどん・ラーメン・甘い物など、糖質が多すぎる食事 ■牛乳やヨーグルトなど、乳製品のとり過ぎ ■お家の人が仕事や下のお子さんのお世話でいそがしく、あまり構ってもらえない ■寂しい気持ちをなかなか表現できない、言ってはいけないと思っている ■抱きしめて欲しい ■誰にも弱みを見せられない   上にあげた要素が重なると、アトピー性皮膚炎が現れやすくなります。   アトピーを改善するためのセルフケア アトピー性皮膚炎を改善していくには、 ①原因になっている生活習慣やストレス ②治りの邪魔をしている生活習慣や考えグセ この2つを見直すことが近道です。   ①ストレスを表現する ストレスを表現できない=精神的な排泄ができない状態は、大腸・肺(気管支)・皮膚といった場所に大きな影響を与えます。 思っている事・考えている事・悩み・イヤなことは、 ■人に話す(関わっている当事者に話すのが一番ですが、関係ない人でもOK) ■紙に書き出す(この紙の上ではウソをつかないと決め、洗いざらいぶちまける)、破って捨てる ■カラオケや海などで大きな声を出す ■泣く などの方法で吐き出すことがオススメです。   ②スキンシップ   なぜ、あなたの身体は皮膚に症状を出したのでしょうか? 皮膚は身体の一番外側にあるバリアであり、感覚器であり、他者と触れ合う場所でもあります。 ■誰かとの間に壁を感じている ■誰かの言動を気にしている ■誰かと触れ合いたいと思っている アトピーを抱えている人の心の中には、こういうことが潜んでいることが多いのです。 心の壁を崩し、安心感を与える一番の方法はスキンシップです。 お子さんなら、おうちの方がしょっちゅう抱きしめたり触れ合ったりする。 大人の方も、家族や友達、恋人とハグをしたり手をつなぐ。 「なかなかそういうのは難しい」と感じる方は、動物と触れ合ったり、やわらかな天然素材(シルク・コットン・ウールなど)の服を身に着けることもオススメです。   ③食生活を整える 私たちの身体は食べたもので出来ています。 体調を整えるのであれば、やはり食べ物を変えるのが一番の近道です。   ■甘い物(砂糖・人工甘味料・お菓子・ジュース・スポーツドリンク・甘いコーヒーやお茶、甘いお酒など)を減らす ■小麦粉もの(パン・パスタ・うどん・ラーメン・ピザなど)を減らす ■乳製品(牛乳・ヨーグルト・チーズなど)を減らす ■添加物が多い食べ物(加工食品・練り物・外食・コンビニご飯など)を減らす   こういった【腸を荒らすものを抜く】対策と同時に、   ■昔ながらの作り方をした味噌・しょうゆ・梅干し・みりん・甘酒などの発酵食品 ■天然の塩(岩塩・藻塩など) ■干し芋・干し柿・ナッツ・ドライフルーツ・小魚など天然のおやつ   といった【腸を整えるものを取り入れて】いくと、身体の変化を実感しやすくなります。   ④お風呂の塩素除去 お風呂やシャワーのお湯に含まれる塩素によって、アトピーがひどくなってしまう方も少なくありません。 ですが、アトピーの方にとってお風呂にしっかり浸かってあたたまり、汗をかくことは皮膚の排泄機能を鍛える意味でも浴槽に浸かることをオススメします。 塩素の対処方法としてお風呂のお湯に、 ■天然塩・大さじ1 ■重曹・大さじ1 ■粉末ビタミンc・小さじ1/4 を入れると、塩素が気にならなくなります。   シャワーヘッドが取り換えられるタイプのものなら、塩素除去ができるものに取り換えるのも最近では色々とあるのでオススメです。   ⑤ボディソープやせっけんを控える ボディソープやせっけんで毎日体を洗っていると、肌表面の潤いやバリアが洗い流されてしまいます。 せっけんやボディソープで身体を洗うのは、3日に1回くらいにしましょう。 肌表面を手のひらで撫でながらお湯で流すだけで、汚れは充分に落とせます。 脇の下やデリケートゾーンなどが気になる場合は専用のソープを使いつつも、やはり洗いすぎないことがオススメです。   当院で推奨しているのは、 【I・TEC】のボディソープです。   ↓↓こちらから製品の閲覧・ご購入できます http://urx.space/YBhJ   元重症アトピーだったクリニカルルーム咲・院長は御用達です( ・∇・)ノ 顔も体もこのソープで洗っています☆   ⑥添加物の少ないシャンプーを使う シャンプーやコンディショナーは、髪だけに触れるものではありません。 洗い流す際、顔や背中など身体全体を伝い落ちていきますから、シャンプーやコンディショナーに含まれる成分によって痒みや湿疹が増してしまうことも少なくありません。   できるだけ添加物の少ないシャンプーやリンスを使うようにしましょう。     アトピーの要因を減らして改善を目指そう アトピーの要因は、生活の色々な場所に潜んでいます。 ■ストレス ■甘い物 ■小麦粉もの ■乳製品 ■添加物 ■シャワーやお風呂 ■ボディソープ ■シャンプー などなど。 「そんなに沢山やらないといけないの!?」と思われるかもしれませんが、逆に言うと打つ手は沢山あるということでもあります。   アトピーでお悩みの方は色々されてきているので、 ・もうやれることはない ・何をしていいかわからない ・もうダメ… などと思われている方が多いです。   でも、 まだまだできる事がたくさんあるんです。   出来ることからひとつでも始めたら、あなたの身体は確実に変わり始めます!!   悩み苦しんでいる方はご相談ください! ↓↓↓ アトピー専門HPはこちらから ▼▼▼   初めて治療をはご不安かと思います。 どんなことをするのか、痛くないか、本当に治るのか。 そのため当院では成果報酬制を導入しています。   その「アトピー症状」を本気で治したいけど、忙しい! そんなあなたのために LINE@から無料相談 24時間実施中!   島根県松江市のアトピー症状なら お気軽にご相談ください。 ↓↓   ※現在、予約多数で電話に出られません。 誠に恐れ入りますが、留守電に「お名前」「症状」 「ご希望のお日にち」「お電話番号」を残してください。 後ほどかけなおします。 また出来る限りメール、LINEでのお問い合わせをお願いいたします。 ブログを見ていただいたあなたへ 期間限定特別キャンペーンのお知らせ 住所 松江市浜佐田町 受付時間 9時~18時00分 完全予約制です。 定休日 日曜 その他不定休 設備 キッズスペース ご希望で託児スタッフあり(ご相談下さい) 駐車場 3台あり 続きを読む

年末年始からくる不調を撃退!【原因と対応】クリニカルルーム咲-SAKU-

生活習慣

忘年会、大掃除、お正月の準備、帰省、親戚の出迎え、仕事始め、新年会…年末年始はやることが盛りだくさんで、なかなか休む間がありませんよね。 逆に今年の年始は休日が近かった分がいつもと違うペースでダラダラしてしまって、気が付いたら朝から晩まで常に何かしら食べていた、常にお腹がいっぱい…という方もおられるかもしれません。 お正月が空けると、こういった「いつもと違う年末年始リズム」のために体調を崩されている方がドドッと増えます。 年末年始の疲れは、できれば七草から小正月くらいの間(1月7日~1月15日)までに抜いておきたいですところ。実は日常生活をちょっと見直すだけで回復力はグッと高まり、サクッと疲労解消できます。 年末年始の疲れの原因 年末年始に体調を崩したり疲労感が抜けなくなってしまうのは、生活がいつもと違うリズムになってしまうことが原因です。 ①食べ過ぎ・飲み過ぎ忘年会や新年会、お正月のごちそうなど、年末年始は食べたり飲んだりするイベントが盛りだくさん。実際に私自身も年始の数日はかなり満腹感・飲む機会が多くありました。食べ過ぎ飲み過ぎほど、内臓に負担がかかることはありません。胃腸をはじめとした内臓が疲れてしまうと、胃もたれ・消化不調・下痢・便秘・腹痛・カゼをひきやすい・疲労感が抜けないといった症状が出始めます。さらに内臓を動かしている自律神経や、内臓周りの筋肉にも負担は伝染。動悸・息切れ・めまい・不眠などの自律神経系の不調や、ギックリ腰・腰痛・背中痛・肩こりや首こり・四十肩などの筋肉まわりの痛みにもつながります。 ②寒さや日照時間の減少寒くなると筋肉が縮こまり、身体全体の動きが鈍くなります。年末年始にはギックリ腰の方が増加します。これは寒さで筋肉が硬くなる×食べ過ぎ飲み過ぎで疲れた内臓が腰の筋肉を引っ張る、というダブルパンチで体に負担がかかるからです。筋肉が硬くなると体全体の血やリンパの巡りも悪くなりますから、疲労が抜けにくく回復しづらく感じられます。 また、内臓を動かしたり体温調整をしたりと生命活動を維持している自律神経は、日照時間の短い冬になると副交感神経のスイッチが入りやすいダラダラモードになります。やる気が出ない・うつっぽい・朝起きられない・痛みや痒みを感じやすいといった状態が起こりやすくなります。 ③ストレス「折り合いの悪い実家や義実家に帰省しないといけない」「行きたくない飲み会に行かないといけない」「会いたくない親戚に会わないといけない」年末年始などのイベント時期は、普段やり過ごしている人間関係のストレスに直面しやすい時期とも言えます。仲が悪いわけといわなくとも、普段顔を合わせない親戚との同席に緊張してしまったり、いつもと違うテンションで喋り続けたり、気を遣って笑い続けたり…こういったストレスは自律神経をもろに負担をかけ、内臓の疲労・頭痛・疲労感が抜けない・筋肉がガチガチになって肩首腰が痛いなどの症状につながります。 ④働きすぎ大掃除にお正月の準備、休みの時に行動などと、年末年始はいつも以上に身体と頭をよく動かします。寝ても抜き切れない体の疲労が重なると、ふっと気がゆるむお正月明けにガタガタっと体調を崩してしまう方も。 年末年始の疲れをサクッと解消する方法年末年始の疲れが残っているのは、①内臓が疲れ切っている②体が冷えて筋肉が硬くなっている③自律神経が乱れっぱなしになって回復力が低下している④ストレスが溜まっているなどが原因です。 年末年始の疲れを解決する方法①プチ断食で内臓を休ませる最もカンタンで効果的な疲労回復方法がプチ断食です。■朝起きて、お昼を過ぎるまで何も食べない。■お腹が空いた感覚がなければ、夜まで延長してもOK。■お腹がすいたらまず白湯を湯呑み1杯のみ、その後に野菜たっぷりの味噌汁や雑炊などを食べる。■消化器に負担のかかる生もの(生野菜・生肉・生魚)は避ける。■同じく、内臓に負担をかけるお菓子・ジュース・パンなども避ける。■腸を休めたい時は、小麦粉のグルテン(うどん・ラーメン・パンなど)を避ける。 「疲れたら、食べない」が重要なポイントです。 ②食生活を整える食べ過ぎ飲み過ぎで受けたダメージは、食生活を整えて回復させていきましょう。■甘い物(砂糖・人工甘味料・お菓子・ジュース・スポーツドリンク・甘いコーヒーやお茶、甘いお酒など)■小麦粉もの(パン・パスタ・うどん・ラーメン・ピザなど)■乳製品(牛乳・ヨーグルト・チーズなど)■添加物が多い食べ物(加工食品・練り物・外食・コンビニご飯など) こういった内臓を荒らすものを抜きつつ、 ■昔ながらの作り方をした味噌・しょうゆ・梅干し・みりん・甘酒などの発酵食品■天然の塩(岩塩・藻塩など)■干し芋・干し柿・ナッツ・ドライフルーツ・小魚など天然のおやつ といった内臓を整える食べ物を増やしておきましょう。 ③体を温めて血の巡りを良くする血の巡りの悪さ・痛みやコリは、身体が冷えていることも一因です。とくに体の末端が冷えるのは、生命にとって重要な内臓に血を集めなければならず、命に直接かかわらない手足の血液循環を後回しにしているからです。体が冷えている状態とは、■血が足りない■内臓が疲れている■血液を巡らせる筋肉や運動が足りないなどの体のサインといえます。 ■プチ断食で内臓を休める■ハラマキやカイロでお腹~背中(首の後ろ・中央・腰部)をあたためる■シルクやコットンなどの足指靴下+普通の靴下の重ね履き■スクワットや階段上り下りなど、下半身を使う運動をする■ショウガ・唐辛子・ニンジンなど身体を温める食材を食べる■朝晩、白湯を飲む■お風呂では湯船にしっかり浸かる などがオススメです。 ④深呼吸で自律神経にアプローチ自律神経は、勝手に動いて生命活動を維持してくれている神経です。そのため基本的に自らの意志で動かすことはできません。しかし、息を吐く(気道を狭める)・息を吸う(気道を広げる)という動きだけは、私たちが自分でコントロールすることができます。息を吐く(気道を狭める)際に身体をゆるめる副交感神経を刺激し、息を吸う(気道を広げる)際にストレスや活動の交感神経を刺激します。深呼吸は自らの意思で自律神経にアプローチできる方法と言えます。 心身を整える際は、息を吐く時間を長めにとることで過度な緊張をゆるめることが出来ます。 ■10秒数えながら、お腹がペタンコになるまで息を吐く■5秒数えながら、お腹に空気を送り込むイメージで息を吸う これを好きな時に2分行うことで、自律神経のはたらきを整えやすくなります。 ⑤ストレス発散溜まったストレスはこまめに発散しておきましょう。皆さんの発散方法は何ですか?一番カンタンな発散方法は食べる事ですが、ストレスから甘い物やお菓子を食べてしまう方の多い!!!!!できるだけ、ドカ食い・お菓子食い以外の発散方法をいくつか考え・準備しておくことがオススメです。 ■好きな音楽を聞きながら好きな場所をドライブ。■カラオケで大きな声を出す。■映画をみて笑う・泣く。■家族や友達、好きな人とハグをする。■お笑いをみたり、気の合う友達と話す・笑う。■クッションや枕をパンチする。■イライラや不安を紙に書き出してみる。■神社や自然の中に出かける、触れる。■自分とかけ離れた世界観の本やマンガなどを見る。 人によってピッタリくるストレス発散法は様々ですが、笑う事は何よりも強力な健康法といえます。ぜひ積極的に笑えることを見つけてみてください。 お正月の疲れを抜いて、一年をスムーズにスタート!年末年始に身体が疲れてしまうのは、①内臓が疲れ切っている②体が冷えて筋肉が硬くなっている③自律神経が乱れっぱなしになって回復力が低下している④ストレスが溜まっているなどが原因です。体調が優れない方はこれらを日常生活の中でケアすることで、体調は立て直しができます。 お正月は休みのようでいて休みではありませんよね。お正月明けにササッと体調の建て直しをすることで、今年一年のスタートが最高のスタートになるはずです。 続きを読む

【アトピーの症状】アトピー性皮膚炎は整体で改善します!

アトピー性皮膚炎

島根県松江市でアトピー性皮膚炎に特化した施術を行う治療院がある。院長もアトピー経験者だったが、その時の経験、知識でアトピー患者さんを次々に改善に導いている。アトピー患者さんの悩み・苦しみはとても深い。そしてなったものでなければ分からない感情もある。経験した院長があなたのその思いを受け止める。院長のアトピー治療に対する考え・クリニカルルーム咲で行うことをまとめてみた。 長年、アトピーで悩まれている方へ現在「アトピー」は医学的に原因が明確になっていません。 また原因不明の湿疹は「アトピー」にされてしまい、その中には薬の副産物でできた湿疹まで含まれます。アトピーに関する研究は進んでいるのに、なぜ未だに原因が分からないのでしょうか? その理由の1つに誰も患者さんを診ていないことだと私は考えています。 実験用マウスで炎症や痒みのメカニズムを研究していても人間にアトピーが現れる理由は分かりません。 湿疹だけを診て薬を塗っても効いた効かないの話までです。セラピストとして患者さんの体を直接触っているとアトピーについて色々なことが分かってきます。 例えば、体を調整することにより痒みが軽減したり、全身の体液循環をスムーズにすることで炎症の引きが早くなります。また患者さんと対話を重ねることで隠れていた原因も明らかになります。 治療と言葉で患者さんと対話することにより複雑に絡み合ったアトピーの原因は明らかになります。私は施術を通して患者さんが不安を解消し、安心して生活を送れるようになることが心からの願いです。 当院はアトピーの原因を次のように考えいます自律神経の乱れ内臓疲労筋膜の緊張筋膜の癒着肌トラブル体のエネルギーの低下と乱れ〇自律神経の乱れ自律神経の中枢は脳の中にあります。体が歪むことにより、脳の器である頭蓋骨にストレスがかかると脳圧が上がり、自律神経の乱れが起こります。皮膚の血流は自律神経によって調整されているので、自律神経が乱れてしまうと皮膚の血行が悪くなってしまいます。するとターンオーバーが乱れ、傷の修復ができず、汗腺・皮脂腺の機能が上手く働かなくなります。〇内臓疲労とは内臓は消化・吸収を主に行います。しかし添加物を多く摂取したり、不摂生や睡眠不足、ストレスなどから内臓に負担がかかり内臓本来の機能が低下して待っている方が多くみられます。そうなると未消化の状態・代謝(食べ物の分解)が不十分の状態で吸収されたりします。すると身体は異物と判断し排泄しようとします。きちんと消化をできる身体・吸収をできる身体を作る事が重要です。 〇筋膜の緊張とは筋膜とは筋肉を覆っている膜のことです。その筋膜は全身繋がっていて、どこかで引っ張られるようなテンションがかかると、離れている場所の筋膜も引っ張られてしまいます。 引っ張られ遊びを失った筋膜の周囲は体液の循環が悪くなり、湿疹が出やすくなってしまいます。施術を行うと一旦湿疹が出てしまうのは、この筋膜の緊張を解除し、体液の循環をよくしているからです。〇筋膜の癒着とは筋膜の緊張が長期的に続いたり、湿疹・掻き傷・かゆみのストレスによって皮下の筋膜に癒着が起きます。 これは解剖学的に癒着が起こっているので、直接癒着しているところを解いていく必要があります。 〇肌トラブルとは正常な皮膚は代謝(ターンオーバー)を繰り返しています。しかし、なんらかの原因でその代謝が正常に行われなくなり、体内から排泄される代謝物の噴き出し口になります。その原因は間違ったスキンケア、塗り薬への依存、血行不良などがあります。当院では初診時にカウンセリングを行い、正常な肌機能に回復するようスキンケアや生活のアドバイスを行います。 〇体のエネルギーの低下と乱れとは体のエネルギーとは東洋医学でいう”気”と同じです。気が虚(きょ)している(気が足りない)、気が滞っている、とよく表現されます。このエネルギーは食事、睡眠、呼吸、太陽の光から得ることができます。エネルギーを得たあとは体中に分配され、体の修復や成長に使われます。このエネルギーを得る能力が低下していたり分配する通路が歪んでいると、体の修復や成長が行われず、今ある痒みや炎症が長引き、皮膚も修復できません。例えば胃腸の活動が悪く、消化吸収がスムーズにいかないリラックスできず、寝ても疲れが取れない体が歪んで硬くなり、呼吸が浅い アトピー治療はこのエネルギーが全身に循環することが非常に重要です。 当院は体の骨格的な硬さだけではなく、エネルギーが体の隅々まで循環する意識し治療を行います。 当院独自のアトピー整体について①頭蓋骨を調整し自律神経が正常に働くようにします自律神経とは興奮【交感神経】とリラックス【副交感神経】の2つの作用があり、その中枢は脳の中にあります。体に不調が現れるときはすでに脳圧(頭の中がパンパン)が上がり、自律神経もうまく働けない状態です。この状態をリセットするために関節、筋肉、内臓を介して体の歪みを取り、脳圧を下げて自律神経が正常に働ける環境を作っていきます。 ②神経のセンサーを調整し皮膚の興奮を鎮めます長い間、痛みや痒みにさらされた体はその刺激によって疲弊し神経が興奮状態です。皮膚に対するちょっとした刺激でさえ痒みや痛みに変換されてしまいます。その興奮した神経に治療でリセットをかけることにより痒みを軽減させ皮膚の回復を促進させます。 ③内臓を調整し腸からの吸収と体液などの循環をスムーズにします小腸や大腸で吸収された栄養素や水分は腸間膜(腸を包み、体幹からぶら下げる腹膜)の中にある静脈を通って肝臓へ送られます。この腸間膜に硬さがあると消化吸収の能力をフルに発揮することができません。腰、背中、骨盤と併せて調整し、小腸と大腸がスムーズに働けるようにします。そしてその他内臓の負担を軽減し内臓本来の機能を最大限に発揮できるの様に調整していきます。  アトピー専門HPはこちらから▼▼▼ 初めて治療をはご不安かと思います。どんなことをするのか、痛くないか、本当に治るのか。そのため当院では成果報酬制を導入しています。 その「アトピー症状」を本気で治したいけど、忙しい!そんなあなたのためにLINE@から無料相談24時間実施中! 島根県松江市のアトピー症状ならお気軽にご相談ください。↓↓ ※現在、予約多数で電話に出られません。誠に恐れ入りますが、留守電に「お名前」「症状」「ご希望のお日にち」「お電話番号」を残してください。後ほどかけなおします。また出来る限りメール、LINEでのお問い合わせをお願いいたします。ブログを見ていただいたあなたへ期間限定特別キャンペーンのお知らせ住所 松江市浜佐田町受付時間 9時~18時00分 完全予約制です。定休日 日曜 その他不定休設備 キッズスペース ご希望で託児スタッフあり(ご相談下さい)駐車場 2台あり 続きを読む