カテゴリー別アーカイブ: アトピー性皮膚炎

【アトピーの症状】アトピー性皮膚炎は整体で改善します!

アトピー性皮膚炎

島根県松江市でアトピー性皮膚炎に特化した施術を行う治療院がある。院長もアトピー経験者だったが、その時の経験、知識でアトピー患者さんを次々に改善に導いている。アトピー患者さんの悩み・苦しみはとても深い。そしてなったものでなければ分からない感情もある。経験した院長があなたのその思いを受け止める。院長のアトピー治療に対する考え・クリニカルルーム咲で行うことをまとめてみた。 長年、アトピーで悩まれている方へ現在「アトピー」は医学的に原因が明確になっていません。 また原因不明の湿疹は「アトピー」にされてしまい、その中には薬の副産物でできた湿疹まで含まれます。アトピーに関する研究は進んでいるのに、なぜ未だに原因が分からないのでしょうか? その理由の1つに誰も患者さんを診ていないことだと私は考えています。 実験用マウスで炎症や痒みのメカニズムを研究していても人間にアトピーが現れる理由は分かりません。 湿疹だけを診て薬を塗っても効いた効かないの話までです。セラピストとして患者さんの体を直接触っているとアトピーについて色々なことが分かってきます。 例えば、体を調整することにより痒みが軽減したり、全身の体液循環をスムーズにすることで炎症の引きが早くなります。また患者さんと対話を重ねることで隠れていた原因も明らかになります。 治療と言葉で患者さんと対話することにより複雑に絡み合ったアトピーの原因は明らかになります。私は施術を通して患者さんが不安を解消し、安心して生活を送れるようになることが心からの願いです。 当院はアトピーの原因を次のように考えいます自律神経の乱れ内臓疲労筋膜の緊張筋膜の癒着肌トラブル体のエネルギーの低下と乱れ〇自律神経の乱れ自律神経の中枢は脳の中にあります。体が歪むことにより、脳の器である頭蓋骨にストレスがかかると脳圧が上がり、自律神経の乱れが起こります。皮膚の血流は自律神経によって調整されているので、自律神経が乱れてしまうと皮膚の血行が悪くなってしまいます。するとターンオーバーが乱れ、傷の修復ができず、汗腺・皮脂腺の機能が上手く働かなくなります。〇内臓疲労とは内臓は消化・吸収を主に行います。しかし添加物を多く摂取したり、不摂生や睡眠不足、ストレスなどから内臓に負担がかかり内臓本来の機能が低下して待っている方が多くみられます。そうなると未消化の状態・代謝(食べ物の分解)が不十分の状態で吸収されたりします。すると身体は異物と判断し排泄しようとします。きちんと消化をできる身体・吸収をできる身体を作る事が重要です。 〇筋膜の緊張とは筋膜とは筋肉を覆っている膜のことです。その筋膜は全身繋がっていて、どこかで引っ張られるようなテンションがかかると、離れている場所の筋膜も引っ張られてしまいます。 引っ張られ遊びを失った筋膜の周囲は体液の循環が悪くなり、湿疹が出やすくなってしまいます。施術を行うと一旦湿疹が出てしまうのは、この筋膜の緊張を解除し、体液の循環をよくしているからです。〇筋膜の癒着とは筋膜の緊張が長期的に続いたり、湿疹・掻き傷・かゆみのストレスによって皮下の筋膜に癒着が起きます。 これは解剖学的に癒着が起こっているので、直接癒着しているところを解いていく必要があります。 〇肌トラブルとは正常な皮膚は代謝(ターンオーバー)を繰り返しています。しかし、なんらかの原因でその代謝が正常に行われなくなり、体内から排泄される代謝物の噴き出し口になります。その原因は間違ったスキンケア、塗り薬への依存、血行不良などがあります。当院では初診時にカウンセリングを行い、正常な肌機能に回復するようスキンケアや生活のアドバイスを行います。 〇体のエネルギーの低下と乱れとは体のエネルギーとは東洋医学でいう”気”と同じです。気が虚(きょ)している(気が足りない)、気が滞っている、とよく表現されます。このエネルギーは食事、睡眠、呼吸、太陽の光から得ることができます。エネルギーを得たあとは体中に分配され、体の修復や成長に使われます。このエネルギーを得る能力が低下していたり分配する通路が歪んでいると、体の修復や成長が行われず、今ある痒みや炎症が長引き、皮膚も修復できません。例えば胃腸の活動が悪く、消化吸収がスムーズにいかないリラックスできず、寝ても疲れが取れない体が歪んで硬くなり、呼吸が浅い アトピー治療はこのエネルギーが全身に循環することが非常に重要です。 当院は体の骨格的な硬さだけではなく、エネルギーが体の隅々まで循環する意識し治療を行います。 当院独自のアトピー整体について①頭蓋骨を調整し自律神経が正常に働くようにします自律神経とは興奮【交感神経】とリラックス【副交感神経】の2つの作用があり、その中枢は脳の中にあります。体に不調が現れるときはすでに脳圧(頭の中がパンパン)が上がり、自律神経もうまく働けない状態です。この状態をリセットするために関節、筋肉、内臓を介して体の歪みを取り、脳圧を下げて自律神経が正常に働ける環境を作っていきます。 ②神経のセンサーを調整し皮膚の興奮を鎮めます長い間、痛みや痒みにさらされた体はその刺激によって疲弊し神経が興奮状態です。皮膚に対するちょっとした刺激でさえ痒みや痛みに変換されてしまいます。その興奮した神経に治療でリセットをかけることにより痒みを軽減させ皮膚の回復を促進させます。 ③内臓を調整し腸からの吸収と体液などの循環をスムーズにします小腸や大腸で吸収された栄養素や水分は腸間膜(腸を包み、体幹からぶら下げる腹膜)の中にある静脈を通って肝臓へ送られます。この腸間膜に硬さがあると消化吸収の能力をフルに発揮することができません。腰、背中、骨盤と併せて調整し、小腸と大腸がスムーズに働けるようにします。そしてその他内臓の負担を軽減し内臓本来の機能を最大限に発揮できるの様に調整していきます。  アトピー専門HPはこちらから▼▼▼ 初めて治療をはご不安かと思います。どんなことをするのか、痛くないか、本当に治るのか。そのため当院では成果報酬制を導入しています。 その「アトピー症状」を本気で治したいけど、忙しい!そんなあなたのためにLINE@から無料相談24時間実施中! 島根県松江市のアトピー症状ならお気軽にご相談ください。↓↓ ※現在、予約多数で電話に出られません。誠に恐れ入りますが、留守電に「お名前」「症状」「ご希望のお日にち」「お電話番号」を残してください。後ほどかけなおします。また出来る限りメール、LINEでのお問い合わせをお願いいたします。ブログを見ていただいたあなたへ期間限定特別キャンペーンのお知らせ住所 松江市浜佐田町受付時間 9時~18時00分 完全予約制です。定休日 日曜 その他不定休設備 キッズスペース ご希望で託児スタッフあり(ご相談下さい)駐車場 2台あり 続きを読む

島根県松江市の整体でアトピーを治療する!クリニカルルーム咲-SAKU-

アトピー性皮膚炎

島根県松江市で宍道湖温泉駅から車で15分にある、作業療法士が院長であるクリニカルルーム咲-SAKU-は、どこにいってもなおらなかったアトピー性皮膚炎の患者様が島根県内から多数いらっしゃいます。また、院長自らアトピー経験者であり、その経験から患者様の悩みに親身に寄り添い、的確なアドバイスを行う。皮膚科や漢方、病院にいっても全く改善しなかったアトピー性皮膚炎、ジュクジュな浸出液で好きな服が着れない、夜も痒みで眠れない患者様が変化していく秘密を公開いたします。 アトピー性皮膚炎は治らない。。。。ステロイドを使うしかない。。。。病院に通い続けなければならない。。。。そう思っていませんか??? アトピー性皮膚炎(以下、アトピー)は改善する病気です。病気というより症状です。 アレルギーとは??アトピーは体のアレルギー症状です!アレルギーとは、春に花粉が飛ぶとくしゃみが出たり、目が痒くなったりするあれです。体の中に異物・毒素が入り、それを排除しようとする働きのことです。 アレルギーとは免疫の起こす病気で、近年アレルギー症状をがある人が増えています。今では日本人の2人に1人がなんらかのアレルギー疾患があると言われています。 アレルギー疾患を起こしやすい人の特徴について・殺菌、抗菌、除菌グッズを愛用してる。・便秘症または下痢をよくする。・一人っ子あるいは兄弟で一番上である。・まじめで、一つのことにのめり込みやすい。・外食やできあいのもの、レトルトやインスタント食品が多い。・白米や麺類などの炭水化物、甘いものやお菓子が好き。 これら項目に該当する方はアレルギー体質になりやすいで気を付けて下さい。元々は症状はなくてもアレルギー体質に変化することがあります。 日常生活で気を付けること〇食事について糖質制限食糖質とは、ご飯や麺類、パンなどの主食やイモ類などの根菜、砂糖などに含まれる成分で炭水化物から食物繊維を除いた総称です。とくによくないのは、白米や小麦粉製品、砂糖など白く精製された食品です。ご飯は玄米や五穀米に、パンなら全粒粉のもの、麺類ならば十割そばなどに変えましょう。油を変える私たちが日常的にとっている油脂は、オメガ3脂肪酸オメガ6脂肪酸オメガ9脂肪酸に大別できます。このうち、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸は人体で合成出来ず、食事からしかとれないので必須脂肪酸と呼ばれています。オメガ3脂肪酸は、亜麻仁油、えごま油、そして青魚に豊富に含まれています。効果としては炎症を抑え、免疫を強くする働きがあるので積極的にとることをオススメします。オメガ6脂肪酸はサラダ油やごま油などの日常的によく使われる調理用油や揚げ油はなど、ほとんどがオメガ6脂肪酸です。オメガ6脂肪酸は炎症作用があるので、とりすぎてしまうと炎症がひどくなり痒みや腫れが増加しやすくなります。他にもオメガ6脂肪酸はレトルト食品やインスタント食品、パン、お菓子、スイーツなどあらゆる加工食品に使われています。オメガ3とオメガ6の摂取割合は1:4が望ましいといわれるが、日本人の食生活は1:40とも言われています。外食を一度するだけで大量に体に入るので、自宅ではオメガ6脂肪酸を極力避けて、オメガ3脂肪酸を常用するようにしましょう。 このように少し食事を意識して、食品添加物が含まれる加工食品はできるだけ避けましょう。〇水について飲み水飲み水の悪い代表は水道水です。日本の水道水に含まれる塩素量は世界一と言われていて、この化学物質が体の中に活性酸素を発生させ、アレルギーを悪化させます。アレルギー体質を改善する水としては、アルカリ性の天然水を飲みましょう。現代人は体が酸性に傾いています。ようするに酸化しやすい体・サビやすい体ということです。アルカリ性の水には、酸化還元力があります。酸化還元力とは、活性酸素により酸化した細胞をもとに戻してくれます。それと、加熱処理や消毒を行っていない天然水を選びましょう。「非加熱」と記載されていれば、「加熱しなくてもキレイな水」という意味です。 入浴お風呂の入り方もとても重要です。まず、界面活性剤などの化学物質をたくさん含むボディーソープはやめましょう。化学物質が皮膚内に入ると、活性酸素が発生し、症状が悪化する原因となります。石鹸は界面活性剤を含まないものにしましょう。それと、塩素を大量に含む水道水で入浴するのもよくありません。シャワーの場合はシャワーヘッドに塩素除去のフィルターをつけたり、お湯にはビタミンCを入れる事で残留塩素を取り除くことができるので、ぜひ試してください。〇日常に笑いをとりいれましょうアレルギー症状が現れるとつらさや不安をかかえると思います。ただ、ストレスは体を酸化させ、アレルギーが悪化する要因の一つです。そんな時こそ笑いをとりいれましょう。たくさん笑って気分が明るくなれば免疫力が向上し、笑うことにより免疫のバランスが整います。お笑い番組や漫画や本など家の中で一人で笑う方法はいくらでもあります。まず、楽しく笑うことから初めて、最終的には声を出して笑えればなおよいです。明るく楽しい生活やポジティブな気持ちが免疫力を高めてアレルギーを治してくれます。 まとめアレルギー症状をよくするには日々の生活習慣を見なおし、体質改善していくしかありません。ただ、体質を変えるには期間がかかってくるので、まずは出来ることから少しずつ意識してみてください。そして、決してアレルギーは治らない病気ではないので、薬で症状を抑え込んで一生つきあっていくのではなく、一度体質改善に取り組んでみて下さい。 →【松江市でアトピー症状の治療に特化した整体】 続きを読む

松江市でアトピー症状を改善してくれる治療を探していませんか?

アトピー性皮膚炎

昔ながらの暮らしが息づく城下町、水の都松江でアトピー症状に情熱を燃やす治療家がいる。病院や漢方でもアトピーによる痒みの根本的な原因をみるところは少なく、痒み止めやステロイド治療での様子を見ることが多い。そして、経過がおもわしくなければ塗り薬の濃度を変えたり、薬の種類を変えたりするのが一般的である。その常識を覆そうと日々挑戦している。 1、アトピー症状がでる原因は?アトピー性皮膚炎は、もともとアレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚の炎症を伴うとされています。主な症状は「湿疹」と「かゆみ」で、肘や手首などの四肢関節、胸や背中などの体幹部、顔面などに見られることが多い。良くなったり悪くなったりを繰り返し(再発)、なかなか治らず慢性化をたどる方が多い。小児アトピーと子供にみられ成人になるにつれ寛解することが一般的でしたが、最近では大人アトピーという大人になってからアトピーを発症する方が増えてきています。  当院に来院されるアトピー症状で多いケースをご紹介します。 【社会人になってからの大人アトピー発症】肘や膝の裏に痒みがあり膝裏や肘の内側の部分に掻き傷が複数ある。もともと小児アトピーはあるが成長とともに改善。社会人になり就職してから痒みが出始める。はじめは気にならない程度だったがどんどん悪化。皮膚科を受診し保湿を勧められる。保湿では痒みが止まらず、抗アレルギー薬・ステロイド剤開始となる。 その後は良くなる・悪化するの繰り返し。夜も痒くて眠れない、無意識に掻き血まみれになる。そして薬の変更でどんどん強い薬になっていく。薬に頼りたくはないが皮膚がムズムズ痒くて仕方がない。。。  アトピー性皮膚炎は皮膚のバリア機能低下、免疫の過剰反応によって過剰にアレルギー反応を引き起こし痒みや湿疹がでてきている。そのように説明されている方が多い。だからバリア機能を高めるために保湿、アレルギーを引きおこしているアレルギーを抑える抗ヒスタミン薬や免疫系を抑えるステロイド療法を選択されます。 この一般的な治療方法が本当にアトピーの根本的な原因にアプローチできているのか? もしこの治療方法が原因に対ししっかりとらえられているのであれば、アトピー性皮膚炎は寛解の道をたどる。でも現実ではむしろアトピー患者はどんどん増えてきてる。その中で薬に依存せず痒みや湿疹が改善している日がいる。まずはその事実を知って頂きたい。             当院へ来院される前はどのような症状がありましたか?どんな悩みがありました?腕全体に痒みがあり乾燥をしてカサカサしていた。常に痒みがあってしっかり集中できない状態だった。当院へ来院されてから現在その症状はどうですか?施術を受けるたびに痒みが減っていきました。乾燥でカサカサしていたがすべすべになってきていて、痒みも一時的には感じますがすぐに治まります。夜が眠れるようになったり、仕事にも集中できるようになった。当院と他の整体・治療院と何が違いますか?何が問題で何が原因かをわかりやすく教えてくれるところ。体全体を整えてもらえるので、根本から症状を治してもらえると思います。また、表面的だけではなく、食生活や生活習慣なども大切という事を教えてくれます。あなたと同じように悩んでいる方にアドバイスやメッセージをお願いします。痒みは我慢できません。本当に辛い病気だと思います。身体的にも精神的にも疲れている方が多いと思います。一度先生とお話や相談してみるだけでも違うと思うので、是非来院してみて下さい。違う視点でアトピーや身体のことがわかるようになりますよ。※個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。 本当の原因は?たくさんのアトピーで悩んでいる方を見てきて、そして改善していく人を見てきて感じることは、薬による治療だけではアトピー症状の痒みや湿疹は取り切れないということです。 肘や膝などの関節が痒い。体がムズムズして集中できない。このような症状はアトピー性皮膚炎によるアレルギー症状によるでる症状です。しかしそのアレルギー症状を生み出しているのは痒い部分、ムズムズしている部分の問題ではありません。 痒みの原因は循環の滞りにあります。 筋肉や関節、内臓などの血液・リンパの循環が低下することによって、身体から排出されなければならない老廃物が上手く処理されてません。その結果体に不要な老廃物や毒素が循環してしまいます。それを少しでも体から排出しようと皮膚から排泄を試みます。それが痒みとなています。 体の循環状態を正常な状態にしていけば痒みや湿疹は改善していきます。 それではアトピー性皮膚炎による痒みを改善していくために必要なことをお伝えしていきます。 2、アトピーの症状を改善するためには?アトピーによる痒みは、1、内臓の機能を高める2、自律神経(脳の状態)を整える3、体の歪み・バランスを整える4、ストレスの対応を考える5、食生活や喫煙など生活習慣を見直すこの5つのポイントを意識して過ごしていく必要があります。 生活習慣を見直していますか? 痒みがあるから薬だけに頼ってはいませんか?また内服・外用薬の方法をきいて、そのままいうことを聞いていませんか? 薬を塗ったり、飲んだりしていても体の循環が改善しているわけではありません。薬の影響で余計に内臓に負担がかかり循環が悪くなります。 薬への依存が一番の敵です。 アトピーによる痒み、そして中々治らない不安な気持ち。薬を塗っておかないと余計に悪化すのではないか・全身に広がるのではないかという恐怖。 その気持ち本当に分かります。なぜなら私もアトピーに悩んだ一人だからです。 経験している私だから伝えられることがあります。 3、まとめアトピー性皮膚炎についてまとめてみました。アトピーは身体的・精神的に悩みが深いと考えいています。一般的には薬で様子をみることが多い。 でも、本当にそれでよくなるのでしょうか?まだまだできることはあります。 不安な毎日、治るのか漠然とした恐怖から1日でも早く抜け出すために治療を受けて頂きたいです。 →【松江市でアトピー症状の治療に特化した整体】 続きを読む